2015.6.12

”大和撫子”

こんにちは。

先日、7/19に独身女性向けに浴衣の着付け講座を開催しました。

 

日本の女性ですから、着物が自分で着られるといいですよね・・・。

そうは言っても、中々着物は着る機会がないので、浴衣くらいは自分で!!

講師として、シルクはうす永見の太田明美先生にお越しいただきました。

とっても丁寧にご指導いただき、参加者様も熱心に聞いておられました。

そして、みなさんとっても美しく仕上がりました。

 

浴衣は、学生の頃から同じ帯の結び方では恥ずかしいようです。

年齢に合わせた品格を表現する必要があるとのこと。

確かに洋服でも高校生の時に着ていたものを30歳で着るなんて、恥ずかしいですもんね。

浴衣の場合は、・・・

浴衣の柄が落ち着いたものであれば、帯の結び方や小物使いでガラッと変化します。

最近では、簡易式の帯なんかもあり簡単に着られますが、いつまでもそのタイプでは

恥ずかしいかも・・・。

更にはそのようなセット浴衣は、安いからと毎年買い替える方もいるようです。

何だか、悲しいですね・・・。

 

いいものを長く大切に使い、帯のアレンジを楽しめる、おとなな女性って素敵ですね(^^♪

まさに!!”大和撫子(やまとなでしこ)”な日本の女性ですね(*^^)v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>